出産後や卒乳後の胸の悩み

出産後や卒乳後に、バストが小さくなった・垂れてしまった等、たくさんの悩みを良く聞きます。

 

実際私も、子供が授乳を卒業したとたんに、びっくりするくらい小さくなりました。
妊娠前よりも小さくなってしまい、本当に悲しかったのを今でも覚えています。

 

女性である限り、いつまでも綺麗でいたいと思いますし、バストも小さいよりは大きい方が自分の自信にもなります。
同じ考えのママさんも大勢いるのではないでしょうか?

 

妊娠をした女性は、妊娠2カ月くらいから女性ホルモンが働いて、乳腺が発達してきます。
乳腺は母乳を作る為の組織で、バストの膨らみを作っています。

 

出産後にはすぐに母乳が出るように、乳腺がどんどん発達してバストも大きくなっていくのです。

 

1番大きくなっている時期は、出産後の2〜3日でハリも大きさもアップしていて、妊娠前と比べると2cup以上大きくなっていることも多いのです。

 

授乳をしている時期のバストは、重さで普段の3〜4倍にまでボリュームアップするので、皮膚もその分伸びてしまいます。

 

出産後の授乳の時期から卒乳するまで、だいだい1年くらい乳腺は活動しますが、少しずつ乳腺脂肪は減っていくので、バストはサイズダウンしていくのです。

 

また、出産後は慣れない育児でストレスが溜まっている方はたくさんいらっしゃいます。
赤ちゃんのリズムに合わせるので、睡眠不足も当たり前で、それもストレスへと繋がるのです。

 

このストレスこそが、女性ホルモンのバランスが崩れる原因となっているのです。
何故これが関係あるのかなのですが、実はバストアップに必要な女性ホルモンは、「ストレス」に弱いのです。

 

ですから、なるべくストレスを感じないようにすることが大切なのですが、さすがにそうも言ってられません。

 

その悩みを解決するため効果的なのが「マッサージ」です。

 

なかなか授乳中にマッサージをするのは難しいので、授乳が終わったらしっかりバストケアをしていきましょう。

 

授乳後のバストはハリがなくなりとても垂れやすい状態になっているので、バストアップマッサージでハリを取り戻し、垂れたバストを持ちあげていきましょう。

 

バストを支えている大胸筋を鍛える事も重要です。

 

そして、マッサージと同時にバストアップに効果的なツボ押しもしていくと効果がUPしますよ。

 

出産後や卒乳後のママも絶賛♪
↓  ↓  ↓