バストが背中と一体化している方

背中とは自分ではなかなか気づきにくい場所ですよね。

 

ブラジャーが背中に食い込んでいるかどうかは、なかなか自分では気づかないものです。

 

ですが、外に出てたくさんの人の背中を観察してみて下さい。

 

実はたくさんの方が、背中にブラジャーが食い込んでしまっているのです。

 

私自身、背中のお肉に気付いていませんでした。

 

しかしある夏の日、ふと歩いていると何気なく見た女性の背中にはくっきりとブラジャーが食い込んでいました。

 

よくよく見てみると、そのような方が周囲にたくさんいたのです。

 

そこで「自分もそうなっているのでは?」と思い、嫌な予感に取りつかれながら帰宅しました。

 

そしてすぐに鏡で確認した所…残念な現実を知ったのです。

 

誰かに見られる前に、そして薄着になる時期こそ、目立ちやすいのでどうにかしてでも改善したい場所と言えるでしょう。

 

ブラが背中に食い込みの原因

 

20代や30代の前半までは乳腺が発達しているので、しっかりと胸の形を整えてくれます。

 

しかし、年を重ねていくうちに乳腺がどんどん衰退していくのです。

 

乳腺が衰退していくと重力で胸はどんどん下がっていくので、胸のお肉がワキにつき背中に流れていきます。

 

せっかくの胸のお肉が背中に流れるなんてもったいないですよね。

 

ブラ選びは大切!

 

そうならない為にも、自分の体型に合ったブラジャーを着ける事が大事なのです。

 

ブラジャーを選ぶ時も、アンダーが細いブラジャーより太いものを選んで、背中のお肉を胸に戻してあげましょう。

 

そうする事で背中がスッキリ綺麗に見えます。

 

肩甲骨のゆるみ

 

それから、背中のはみ出したお肉の原因は肩甲骨のゆるみが原因と言われています。

 

前かがみの姿勢や猫背などの姿勢が悪い事が原因で、肩甲骨が開いてしまい背中の筋肉が使われずに衰え、それがタルミに繋がるのです。

 

このタルミを解消してあげるには、開いてしまった肩甲骨を締める運動が効果的です。

 

肩甲骨を動かす事で肩こりの改善にも繋がります。

 

自分に合っていないブラジャーをつける事でも胸が崩れるだけでなく、肩コリをも引き起こしてしまう事もあるのです。

 

肩甲骨を動かして、気になる背中のお肉を改善して、肩こりも改善していきましょう。